Amazonのバリアブルカードってどんなカードなの?

普段ネットショッピングにamazonを使っている方も多いことでしょう。種類豊富な商品を取り扱っているので、買い物のほとんどはamazonで済ませているという方も少なくありません。そんなamazonで発行しているのがバリアブルカードです。Amazonでは通常のギフトカードもあり、こちらは3,000円、5,000円、1万円などくぎりのいい金額が用意されています。Amazonのバリアブルカードの場合、1円単位で購入できるというが最大のメリットと言われており、金額は1,500円から5万円の間で購入できます。

どうしても気になる有効期限のこと

Amazonギフト券には有効期限が設けられているので、有効期限を把握していなかったためにギフト券を無駄にしてしまったというケースが珍しくありませんでした。かつては有効期限が1年から3年というものが多かったのがamazonギフト券の特徴のひとつでしたが2019年1月現在、amazonのギフト券には10年の有効期限がありますので有効期限内に使い忘れるということもだいぶ減りました。Amazonのバリアブルカードは1円単位で購入できるため、残高が残ったまま有効期限が気になるという状況がないので安心感があります。

Amazonのバリアブルカードにも有効期限はあります。ギフト券同様に10年です。しかし。1円単位で購入できることから残高を残す場面がほとんどないため、有効期限を気にせず安心という利用者の声も増えています。有効期限が10年あるので安心ではありますが、万が一有効期限が切れてしまっても、1度だけなら延長することもできますので、Amazonのカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。2015年に発売が開始されてから人気がうなぎ上りで、見た目も通常のamazonギフトカードと同じ形をしているので使い勝手がいいと評判です。

Amazonのバリアブルカードのメリットは?

先ほど少しお話したように、1円単位で購入できるため残高を残さず使うことができます。残高が気になるとなんとなくストレスを感じるものなので、使いきれることは大きなメリットのひとつと言えます。

さらに、Amazonの公式ショップから商品を購入した際に代引きを選択した際にもメリットがあります。通常、代引きには手数料がかかります。一回324円の手数料です。クレジットカードを使うのは心配なので使いたくないという方や、商品が手元に届いてからでなければ安心してお金を払えないという方は少なくありません。そのため今でも代引きで商品を受け取る方が多いのですが、Amazonで商品を購入してAmazonのバリアブルカードでの支払いで手続きをした場合、この代引き手数料が一切かかりません。商品代金(場合によっては送料)の支払いだけでいいのです。

324円と聞くとそれほど高いと思わないかもしれませんが、10回利用すれば3,240円です。これで別の商品を購入できると考えれば、やはりAmazonのバリアブルカードの存在は大きいと言えるのではないでしょうか。Amazonのバリアブルカードでの支払いを選択すれば、amazonショップの中で代引きに対応していないショップでも買い物ができるのもメリットのひとつです。

Amazonのバリアブルカードの購入方法

取り扱いがあるのはコンビニのファミリーマートとセブンイレブンです(店舗によって取り扱いしていない場合もあります)。そのほかamazonの公式ショップから購入できますが、この場合はクレジットカードでの支払いのみ対応しています。

コンビニで購入する場合は、お店にあるAmazonのバリアブルカードをレジに持って行って、あとは購入したい金額を伝えてお金を払えばOKです。レジ打ちのスタッフさんがレジに金額を打ち込んで、レジの画面に表示された金額を確認して代金を払えば完了なので普通のお買い物のような感覚で購入することができます。

購入したAmazonのバリアブルカードの使い方

使い方はamazonのギフト券と同じなのでギフト券を利用した経験がある方はお分かりだと思いますが、もう一度おさらいしておきましょう。

まずはamazonの公式ショップへログインします。画面上に表示されている「ギフト券」を選択します。次にアカウントに登録を選んだあと、Amazonのバリアブルカードに印字されている番号を入力します。「ギフト券番号を入力してください」と書いてある下の欄に数字を入れます。あとは「アカウントに登録する」をクリックすればOKです。

Amazonのバリアブルカードを利用する際に知っておきたいこと

Amazonの公式ショップでお買い物をする際に便利なAmazonのバリアブルカードですが、コンビニで購入するときに注意することがあります。それは支払いにどれだけお金がかかるのかもう一度確認することです。Amazonショップから商品を購入した場合、商品の代金だけでなく場合によっては手数料がかかることもあります。そのため、商品の代金分のAmazonのバリアブルカードを購入しても、金額が不足してしまう可能性もあるのです。Amazonのバリアブルカードを購入する際には手数料なども含めてトータルいくら支払う必要があるのか、しっかり確認しておきましょう。

コメント