闇金からお金を借りたい人が知っておきたいこと

これまで消費者金融や銀行のカードローンなど申し込んでみたものの審査が通らなったという方は思っている以上にたくさんいます。お金に困った状況は変わりはないので闇金からお金を借りるしか方法が残っていないと覚悟を決めた方に知っておいてもらいたいことがあります。それは、やはり闇金はおすすめできないということです。厳しい審査もなく、在籍確認もなく借り入れができるのは確かに敷居が低く利用しやすいと思うことでしょう。しかしここが落とし穴なのです。とにかく利息が高すぎます。お金を返しても返しても借金が減らないという状況はとても苦しいものです。

ソフト闇金の利用者が増えているってホント?

闇金よりもイメージがいいように見えてしまうソフト闇金というフレーズですが、闇金に比べると利息が低かったり、対応がソフトなことからこのようなネーミングが誕生しました。勘違いしてはいけません。いくらソフトというワードがあるとしても金融業者として営業する届を国に提出していない闇金であることは間違いありません。利息は国で定める利率より高いことは普通の闇金と同じです。初めはソフト闇金として営業している業者ばかりだったものの、ソフト闇金の存在が広く広まったことがきっかけとなり、いつの間にか普通の闇金業者もソフト闇金業者に混ざって宣伝しているようになりました。

ソフト闇金はどんなスタイルで融資を行っているのか

今はパソコンやスマホを使う人が増えていることもあり、ソフト闇金でもホームページを運営していて、そこから申し込みができるようになっています。ソフト闇金が即日融資を可能としているのも、ネットを介して手続きができるという手軽さが理由のひとつになっています。闇金と違って悪質的に催促をしてくるようなことはないというものの、昔気質の闇金が混ざっているため見極めが難しいかもしれません。

ソフト闇金の金利はどのぐらいに設定されているのか

国に届け出を出さずに営業していますから、法律を無視した高い金利が設定されているのはソフト闇金も普通の闇金も変わりはありません。ただし、ソフト闇金は若干金利を低く設定しているようで、7日の借り入れで20%、10日の借り入れで30%、そのほか申し込みをして融資が決定されたときに手数料が発生します。そのソフト闇金によって金額は違うものの3,000円前後が一般的です。

なぜソフト闇金の注目度が急上昇しているのか

注目度があるということは、それだけ利用している方がいるという状況です。銀行のカードローンや大手の消費者金融業者から借入できない人が増えているのは、昔と比べると融資する際の条件が厳しくなったことや、融資限度額を低く設定していることが理由のひとつと言われています。特に消費者金融の場合は年収から計算して1/3以内の金額までしか借り入れすることができません。まとまったお金が必要になったときなどはどうしても足りないわけです。

安心利用ができるソフト闇金は存在するのか

実際に利用してみないと分からないことも多いのが現状ですが、どうしても気になる場合は口コミを確認してみてください。このときチェックするのは良い口コミだけでなく悪い口コミも同時に目を通しておきます。なぜなら、ソフト闇金の中には悪質な業者も紛れているためです。申し込みをした後にどんな目にあったのか、利用者でなければ分からない業者の悪い面が書いてあるはずです。

中には実績が豊富で古くから営業しているところは安心できるという体験談もあるでしょう。それは本当の情報かもしれませんが、そもそもソフト闇金も違法に営業している業者ですから、実績があっても古くから営業していても安心できるところではないことを忘れないでください。良心的な業者だと思っていたら、後になって高い利息を請求されたという情報もたくさんあります。

どうしても闇金からお金を借りたくなったら

そうは言っても、お金に困った状況を何とかしなければなりません。そんなときは闇金よりも中規模に分類される消費者金融を利用してみてはいかがでしょうか。中規模と言っても全国展開しているわけではないというだけであり、金融業者として国に届を出している消費者金融ですから安心利用ができます。法に基づいて営業しているので、高い利息を請求される心配もありません。

中規模金融業者の審査は優しいってホント?

大規模な金融業者に比べると審査が優しいと言われている理由は、それぞれの会社で基準を設けているためと言われています。大規模な金融業者に比べると多少金利は高いものの、法律に基づいて運営しているのでお金を返しても返しても借金が減らないという状況に陥る心配はありません。中規模金融業者は街金と呼ばれることも多く、銀行のカードローンや大規模の金融業者の審査が通らなかった方でも審査が通りやすい特徴を持っています。

コメント