今の借り入れ状況を簡単チェック

ブラックでも即日融資してくれる金融業者を探す前に、まずは今自分がどんな状況うに追い込まれているのか確認していきましょう。少し冷静になって頭を冷やすことで状況をしっかり把握して、今の自分に合った方法でお金を借りることができるはずです。

例えば今現在、ブラック状態であるかどうかです。まだブラックでないのであれば大手の金融業者へ申し込みが可能でしょう。大手消費者金融や銀行のカードローンなどへ申し込んでみてはいかがでしょうか。

もしかしたらブラックの可能性が高いという場合、複数の金融業者から借り入れしているものを1本にまとめたいという場合、おまとめローンを対象に融資可能と謳っている金融業者に相談してみてください。大手より小規模の金融業者で対応していることが多いです。

過去に大手のみならず中小規模の金融業者の申し込みで審査が通らなかったので、ブラックでも即日融資してくれる業者を探しているという場合、地域に密着した街金と呼ばれる小規模の金融業者が利用されているケースが多いです。大手などに比べても審査の基準が低いのが特徴的です。

聞きなれない街金ってどんな金融業者なの?

街金という名前を聞いて、まるで闇金のようなイメージがあると感じる方も多いようです。実際に街金として営業している金融業者は、地域密着型のような形で営業しているところが多いために街金と呼ばれるようになりました。闇金は金融業者として営業の許可を届けていないのに対して、街金は各都道府県から営業許可を得ている業者です。闇金とは大きく違うものの、実際に利用した方の中には不安を覚えたという声もあります。

街金はブラックでも即日融資してくれるの?

ブラックに対応していると謳っている街金はたくさんありますが、ブラックでも必ず対応してくれるとは言い切れないのが現状です。ただし、大手の金融業者に比べると審査基準が多少低くなっているようで、大手で断られてしまったけれど街金では融資を受けることができたと答える人もたくさんいます。

ところが中には債務整理を持ちかけてくる街金があるといいます。債務整理をすれば支払いが楽になると持ち掛けて、それには弁護士が必要だろうから弁護士を紹介すると言ってくるのです。そして弁護士を紹介するための手数料を支払うように言ってきます。手数料を支払う必要はないというケースもあるようで、この場合は弁護士とすでにつながりを持っていて、弁護士側から紹介料を受け取っている可能性があります。この行為は違法です。融資の相談をしたけれど取り扱ってくれないどころか弁護士を紹介されそうになったという場合はきっぱり断るようにしてください。

ブラックではないのに融資が受けられなかったのはなぜ?

毎月しっかり返済しているのに、新たに融資を受けようとしたら審査が通らなかったという話もあります。ブラックであれば審査が通らないのは当たり前のことですが、もうひとつ理由があって新たな申し込みがNGになる場合もあります。それは総量規制を超えているときです。総量規制は借り入れの総額が申込者の年収の1/3を超えると新たに申し込むことができないというものです。

申し込みをするときに、現在他からどのぐらい借りているか申告する項目があります。総量規制を超えてしまうことを考えてウソを申告したとしても、信用情報機関には申込者がそのときどこからどのぐらいお金を借りているのか記録が残っています。そのため、いくらウソをついても必ずバレてしまうのです。

総量規制を守らずに融資可能な場ケースはあるの?

もしも総量規制を超えた融資を行った場合、金融業者は法を違反したことになるため必ず罰せられます。場合によっては営業を停止しなければならなくなるので総量規制を超えて融資を受けることは絶対にできません。また、収入の1/3までの融資となってますから、収入のない専業主婦や仕事をしていない方は申し込みの段階でNGとなります。

なぜ大手はブラックへ融資をしないのか

1人でも多く融資をしたほうが会社の利益になるのは間違いないのですが、ブラックということは過去に返済事故を起こしている可能性があり、現在進行形で返済が厳しい状態ですから新たに融資をした場合、返済してもらえない可能性がでてきます。大手の場合はすでに利用者が全国規模で多いので、返済してもらえないという危険な賭けに手を出す必要がありません。そのため、中小規模の金融業者に比べて審査が厳しくなっているのです。

自分は本当にブラックなの?

信用情報機関にその人の記録として返済が長期にわたって滞った記録が残っていたり、多重の申し込み状態だったり、さらには債務整理されている、携帯電話の支払いなどが滞納しているなどの記録があるとブラックの可能性が高いと言います。それ以外であればブラックの可能性は低く、先ほど話したように総量規制を超えているなどの理由があるかもしれません。

コメント