ブラックでも即日融資が可能な業者は存在するのか

日本では金融業者として営業する際、国に届け出を出さなければなりません。そして法律に基づいて営業することを約束するわけですが、世の中には悪質な業者がたくさんいます。金融業者も同様で、悪質業者は国に届け出を出さずに営業しており、法外な金利によって膨大な利益を得ようとしています。しかし、実際に借りる人がいなければ悪質業者も商売になりません。そこで目を付けたのがブラックリストに載ってしまった人というわけです。ブラックによって他の業者から融資を断られて路頭に迷っている人に対して、ブラックでも即日融資が可能と迫ります。融資を受ける側にしてみればお金に困った状態なわけですから、相手が悪質な業者であってもとにかくお金を用意したいと思ってしまいます。

悪質な業者情報はどうやって確認すればいいのか

大手の金融業者のように知名度の高いところであれば、しっかり届け出を出して営業していることは分かるものの、まだ知名度の低い業者の場合は見極めが難しいでしょう。知名度が低いからと言ってどれもが悪質業者とは言えません。国に届け出を出して営業している小規模中規模金融業者もたくさんあります。だからこそ悪質業者との見極めが困難と言われています。

国の金融庁では悪質な金融業者の一覧を公開しています。その情報には悪質な業者の名前以外にも、一部伏せられた電話番号が掲載されています。うっかり電話をしないように伏せているのです。気になる方は一度アクセスしてみてはいかがでしょうか。

なぜブラックリストでも即日融資が可能という話が広まっているのか

先ほど話したように悪質な業者に騙されてしまったという話以外にも、実はブラックではなかった可能性が高いというケースもあります。過去に支払いが遅れた経験があると、自分はブラックリストに載っていると思い込みます。確かに載ってしまった人もいあるかもしれませんが、勘違いしていることもあり得るのです。そのため、ブラックリストなのに即日融資ができたと思い込むわけです。

どんな人がブラックリストに載ってしまうのか

これが一番気になるところでしょう。個人信用情報機関や金融機関ではどういう人がブラックリストに載るのか一切情報を公開していません。そのため、これまで審査が通らずにお金を借りることができなかったという人たちが、そのときどんな状況だったのかという話の中から条件が一致するものをブラックリスト入りの条件という話として広まっています。クレジットカード、カードローン、マイカーローン、マイホームローン、携帯電話やスマホ本体の分割払い、これらの支払いを61日以上遅れた場合はブラックリストに掲載されている可能性があります。また、過去にさかのぼって10年以内のうちに自己破産や任意整理をした場合も該当します。

うっかりブラックリストに載ってしまう申し込みブラックに要注意

申し込みブラックという言葉自体聞いたことがないという方も多いようですが、申し込みブラックによって融資を受けることができないというケースもあります。例えば、本来ならA社とB社から融資は難しかったけれどC社からの借り入れが可能だったとします。しかし、その状況は申込者には一切分かりません。これを踏まえて、申込者が先にA社に融資の申し込みをするとします。そして断られたことで次にB社に申し込みをします。ここでもB社から断られてしまうため、C社に申し込みをしたとしましょう。

この一連の流れから、B社ではすでにA社に申し込みをしたという情報が、C社にはすでにA社とB社に申し込みをして断られているという情報が確認できるわけです。この情報は個人信用情報機関に残っています。この状態を知ったC社にしてみれば、短期間のうちに2社から断られているにも関わらず自分のところに申し込みをしたわけですから、よほどお金に困っている状態なのだろうと判断します。お金を貸しても返ってこない可能性があると判断されてしまい、申し込みブラックとして融資を受けることができなくなるのです。

ブラックでも即日融資が可能な業者を選ぶより債務整理を検討してみよう

どうしてもお金に困ってしまったら、債務整理を検討することも考えてみてはいかがでしょうか。なんとか融資を受けることができたとしても、月々返済しなければならないお金は増える一方です。ますます自分の首を絞めてしまう可能性があります。返済が長期にわたって滞っている場合は個人信用情報機関へ5年以上情報が残る可能性もありますから、長期間苦しむよりも一度債務整理をすることで返済するお金を少しでも減らしたほうが今後のためになるでしょう。債務整理と言っても色んなタイプがあり、任意整理の場合は裁判所を通す必要がありません。職場や家族に債務整理のことを知られる心配もないですし、手数料もそれほど高くありませんから一度検討してみてはいかがでしょうか。

コメント