新しく誕生した金融機関のジェイスコアってどんなところ?

ソフトバンクとみずほ銀行が共同出資したことで生まれた金融機関がジェイスコアです。認知度はまだ低いですが、ソフトバンクとみずほ銀行はどちらも知名度が高いため、ジェイスコアの認知も徐々に広まりつつあります。出資した2社は有名企業なので安心感もあります。

ジェイスコアが提供しているキャッシングサービスを「AIスコアレンディング」といいます。AIスコアレンディングとは、AIと呼ばれる人工機能が融資を受ける人の信頼に点数をつけていき、その点数に見合った融資の限度額や金利が決められてキャッシングするという流れで融資を受けます。

AIによって融資額や金利が決められるという点がまったく新しいシステムとなっているため、金融業界の中でAIレンディングは低金利、なおかつ高い限度額の融資が可能と評判になっています。その基準はトップクラスと言えるでしょう。

AIスコアは何を基準に決まっていくの?

AIによって申込者の信頼を点数に表していくわけですが、ジェイスコアの無料会員登録を済ませたあと、チャットを使って質問に答えていきます。質問は全部で18個あります。次に生活、情報連携、性格、ウォレット、ファイナンス、プロフィールなど6つのジャンルの質問に答えていくとAIスコアがあがります。個人差があるものの全部の質問に答える時間は30分前後かかります。質問に答えたあとは、その答えを元にAIが点数を計算します。はじき出された点数は申込者のマイページで確認できます。

ジェイスコアのAIスコアレンディングを利用できるのはどんな人?

誰でも利用が可能というわけではなく、条件を満たしている方の利用に限定されています。毎月の収入が安定している方、さらに契約をしたときに年齢が満20歳以上で満70歳以下であること、この二つが条件となります。安定した収入といっても正社員だけではなく、アルバイトやパートとして働いている方でも毎月収入が安定していれば条件を満たしていることになるのでご安心ください。

やっぱり気になる在籍確認のこと

AIスコアレンディングを申し込んだ際、在籍確認は必ず行われます。在籍確認とは申込者が勤務先に本当に在籍しているのかどうか確認するため、職場に電話がかかってくるものです。このとき、担当者が個人名で電話をかけてくるので融資を受けていることが同僚たちにバレる心配はありません。在籍確認は必須ですから、職場に電話をかけないでほしいと断ることは不可能です。

今すぐお金が必要!即日融資をしてもらえる?

急にお金が必要になる場面が多いですから、申し込みを済ませたあとにお金が手元に届くまで時間がかかってしまっては大変です。AIスコアレンディングは平日の14時45分までにすべての手続きが進んで契約が完了している場合に限り、即日融資が可能となります。平日14時45分を過ぎてしまうとその日の振り込みは不可能となりますので、どうしても当日中にお金を用意したいという場合は、必ず14時45分までに契約を完了させておきましょう。

他社に比べて圧倒的に低い金利はメリットのひとつ

AIによって申込者の信頼に点数をつけるため、低金利で利用できるのは大きなメリットと言えます。一般的に銀行のカードローンの金利の上限は年15.0%、消費者金融の金利の上限は年18.0%となっています。AIスコアレンディングは年率0.8%から12.0%なので、他の業者とと比較しても低金利であることがわかります。上限を見ても12.0%ですから、業界の中でも低金利業者に分類されます。

家から一歩も出ずに利用できるのも大きなメリット

今の時代は誰もが時間に追われて忙しい日々を送っています。直接来店をして申し込む時間がないという方も多いのではないでしょうか。AIスコアレンディングはインターネットに接続できる環境があれば、時間や場所を問わず申し込みや利用が可能となっています。お店がないということは専用の自動契約機や、お金をおろすためのATMが存在しないのです。インターネットを介して利用したあとは自分の口座にお金が振り込まれます。そのため、即日融資の場合は平日の14時45分まで申し込みや振込依頼を済ませておく必要があるのです。

こんな人がAIスコアレンディング利用に適している

元々低金利で利用できるサービスではありますが、ソフトバンクのスマホや携帯電話を普段使っている方や、みずほ銀行の口座を持っている方、さらに一定のヤフージャパンの利用状況がある方は、さらに低い金利での利用が可能となります。驚くことにそれぞれ条件をクリアしていると年0.1%ずつ金利を低くできるので、3つの条件をクリアしていれば合わせて0.3%も金利が低くなります。月々支払っていくごとに金利を支払うわけですから、少しでも支払額を減らしたいという場合はソフトバンクユーザーや、みずほ銀行ユーザー、ヤフージャパンユーザーはAIスコアレンディングの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント