クレジットカード現金化はエンボスカードを使っても可能なのか?

クレジットカード現金化をする場合、いろいろと考えないといけないときがあります。例えば、所有している国際ブランドで換金できるのか?そもそも電子マネーの換金はできるのか?などです。その悩みを以下より回答していきたいと思います。

クレジットカードの国際ブランドで現金化できないものはあるのか?

クレジットカードの国際ブランドは、MasterCard、VISA、JCB、ダイナースクラブ、アメックスの5つとなります。どれも馴染み深いブランドになるため、もう説明の必要もないかと思います。また、昨今、日本では人気がいまいちだった、ダイナースクラブやアメックスの利用者も増えてきているようです。さて、クレジットカード現金化業界は、この国際ブランドととの関係はどうなっているのでしょうか?結論から言えば、問題はありません。というのも、どのような国際ブランドで依頼をされようが、問題なく対応をしてくれるからです。ただ、注意をしておきたいことは、扱う国際ブランドで、換金率が変わる場合もあるということです。利用履歴をしっかりと見ているようなブランドだと、どうしても面倒な作業も必要となり、その手間賃が換金率に直結してくるわけです。なので、各業者、各国際ブランドによって換金率を替えてくることがあるのです。ともあれ、どこのブランドでも換金は可能だということは押さえておきましょう。

スタンダードなサービスになったエンボスカードで現金化はできるのか?

エンボスカードとは、表面上に何の凹凸もないカードのことを指します。そのカードとお金が絡んでいるサービスが「電子マネー」になります。非常に便利なサービスとなっているため、昨今、多くの人が利用しています。
では、このエンボスカードで現金化をすることができるのか?答えは「できます」と言えます。ただ、いろいろとまだ発展途上の部分もあり、とりあえず、無難にクレジットカードを使った換金をすることをおすすめします。

クレジットカード現金化をするときはショッピング枠を把握すること

では、クレジットカードを使って現金化をする場合、どのようなことに注意して臨むべきか?について触れていきましょう。見出しに記載した通り、結局のところ、ショッピング枠を使って現金化をするわけですから、どれぐらいのショッピング枠を使っているのか?を確認することが大切になってきます。50万円のショッピング枠で、利用しているのが45万円だった場合、枠はもう5万円しか残っていません。そして、この5万円を使ってしまうと、他のクレジットカードでの買い物ができなくなってしまう可能性があります。であれば、本当に、このクレジットカードを使っても問題がないのか?を改めて考えないといけません。
ということで、クレジットカードの現金化をする場合、上記のように「ショッピング枠は大丈夫か?」「どれくらいまで現金化サービスに利用してよいのか?」をよく吟味した上で、業者に換金を依頼をするようにしましょう。一度、現金化をしてしまった場合、返金をして戻すことはできません。そこのところをよく理解して熟考するようにしてくださいね。

足りない場合は2枚以上を使って分散させるのも1つの手

とはいえ、ショッピング枠をある程度残したかったり、使えるショッピング枠自体がもう少ないなどの問題から、思い切った現金化ができないときもあります。そんなときは、クレジットカードを複数枚、用意をして分割して現金化をするようにしましょう。クレジットカードを複数枚持っていることが前提の方法にはなってしまいますが、非常に便利なので覚えておいた方がよいです。そもそも、昨今、クレジットカードの所有枚数は平均して2枚以上となっています。多くの人が複数枚持っているかと思うので、最初のハードルは超えやすいと思います。もしダメだった場合は、審査がゆるく、そして直ぐに発行できるようなクレジットカード会社から、サクッと作ってもらっておくのもよいでしょう。
ともあれ、このように2枚以上に分けて現金化をした場合、次のようなメリットを得ることができます。1つが、支払いを分散することができることです。もちろん、支払日が別々のクレジットカードの必要がありますが、現金化するタイミングによっては、翌月と翌々月に分散することも可能です。もう1つのメリットは、先程の話題にもでは「ショッピング枠を潰さないでよい」ということです。こちらも圧迫をするリスクを分散できるため、ありがたいわけです。そして、もう1つのメリットは、一方はリボ払い、または分散払い、一方は一括払いのような小回りを効かせた支払い方法も選択できるわけです。
お金に困って、クレジットカード現金化を利用するわけですから、このようなことができるのは、非常にありがたいところです。逆に、便利過ぎて現金化しすぎて、結果、借金が増えてしまったというようなことは避けるようにしましょう。

コメント