そもそもブラックリストって存在するの?

結論から言うと、正式名称がブラックリストと呼ばれるものは存在していません。いつからかブラックリストという言葉が独り歩きしていますが、金融トラブルを起こした際に信頼情報機関に登録されてしまった状態をブラックと呼ぶようになりました。ローンやクレジットの返済が長期にわたって遅れてしまったり、携帯電話の支払いが延滞したり、中には多重に借り入れを申し込んだ場合もブラックとなることが分かっています。正式的な見解が公開されているわけではないので、これらはあくまでも審査が通らなかった人たちのそのときの状態から判明している内容です。

申し込みが重なるとどうしてブラックになるの?

一般的に申し込みブラックと呼ばれる状態を意味します。例えば最初に申し込んだところで審査が通らずに融資を受けることができなかったとします。お金に困っている状況であることは変わりはありませんから、別の金融業者を探して申し込みの手続きを行います。このとき、すでに最初の業者に申し込んでいる情報は個人信用情報機関に残っているため、2社目では1社目で断られていることを把握しているのです。融資がNGだったということは支払いに問題のある人物の可能性があると見定められることで2社目も断られてしまうでしょう。

そして3社目に新たに申し込みを、という流れで一度に何度も申し込むと、それだけお金に困っている状況であることが伝わります。それを踏まえて考えた場合、お金を貸しても返してもらえないと判断されるのです。これが申し込みブラックと呼ばれるものです。

信用機関にはどんな情報が残されているのか

主にその人の名前や住所、そのほか勤め先や生年月日、借り入れ件数、借り入れ金額、返済状況などが記録されています。現在日本にはJICCと呼ばれる日本信用情報機構、CICと呼ばれるシーアイシー、KSCと呼ばれる全国銀行個人情報センターの三つがあります。その業者によって加盟しているところが違いますが、それぞれの機関で信用情報を共有しています。

ブラックのはずなのに借り入れできたのはナゼ?

インターネットの口コミや体験談の中には、ブラックリストなのに融資を受けることができたという話がたくさんあります。そのため、ブラックでも融資可能と解釈する方が多いようですが、実際は申込者の勘違いで実はブラックリストには載っていなかったという可能性があります。そのため、ブラックでも融資が可能と思われた業者に申し込みをしたけれど借り入れできなかったという方もいるのです。後者は前者と違いブラックだったために借り入れがNGだった可能性があります。

ブラックリストに載っても申し込みOKな業者に気を付けて

究極にお金に困ってしまうと冷静に物事を判断できなくなります。頭が冷えて冷静になって初めて「どうして騙されてしまったんだろう」と悔やんでも遅いですから、どんなに困っていても利用は勧められないという金融業者がたくさんあります。例えば法で定められた金利より高い金利でお金を貸している業者や、国から許可を得ずに営業している業者も危険です。その業者は法律で定められている金利よりはるか高い利息を請求してくるため支払いが難しくなり窮地に追い込まれてしまいます。

元々お金を貸す気がない業者もある

大々的にブラックでも融資可能と謳っておきながら、融資をしない業者があると言います。初めから言葉巧みにだますつもりなのです。ブラックだからと相談に来た人がいた場合、初めは融資の話をしていたのにいつの間にか債務整理を勧められたというケースがあります。債務整理のために弁護士に相談してみてはどうかと言われるわけですが、弁護士を紹介することは法律に反しています。これは弁護士も業者と一緒になって申込者を騙していることになるのです。弁護士は自分を宣伝してくれた金融業者にお金を払っているのです。業者にしてみれば融資をして利息を得るより、弁護士から受け取る手数料の方が高いためお金を貸さずに債務整理を進めてくるわけです。

悪質業者の見極めのひとつが電話番号

業者が公開している情報の中に、ちょっと不思議な光景を目にすることがあります。電話番号が固定電話ではなく携帯電話になっていることです。これは元々悪質的に運営することを目的にしているため、固定電話から業者の情報がバレないようにするため携帯電話の番号を掲載していることが多いことが分かっています。国に届け出を出して運営している業者が携帯の番号を使うことはありませんから、悪質業者に騙されないためにも電話番号が固定なのか携帯なのか確認しておきましょう。

中規模の金融業者でも審査が通らないことがある

大規模の金融業者に比べて比較的審査が優しいと言われている中規模の金融業者でも、審査が通らないことがあります。一つ目は他の金融業者からの借り入れやクレジットカード、ローンなどの支払いが滞っている場合です。これは大規模金融業者も同じです。そのほか、消費者金融の場合は総量規制を基準にして融資を行っているために、総量規制の範囲を超えている場合はお金を借りることができません。総量規制とは申込者の年収の1/3までしか融資をしてはいけないという決まりです。

コメント